wordpress

WordPressが選ばれ続ける理由と導入のポイント

Webサイトの管理と更新性に優れたシステムをCMS(コンテンツ・マネジメント・システムの略)といいますが、その中でも特にWordPressは、無償で提供されているテンプレート(テーマと呼ばれている)やプラグインが豊富なために、構成やデザイン・機能などを、1から考えなくともクオリティの高いブログやサイトを構築できるので幅広く人気があります。

世界中には多くの種類のCMSがあるのに、なぜWordPressがこれ程たくさんの支持を集め続けているのでしょうか?

バージョンアップが高頻度、機能の拡張が充実

当初は、シンプルなブログツールとして開発されたWordPressですが、高頻度のバージョンアップにより、CMSとしての機能も充実してきています。
技術的にそれほど詳しくない人でも、管理画面の更新ボタンをクリックするだけで、簡単に最新バージョンにすることができるのです。

無料の公式ディレクトリ登録テーマが豊富

WordPressは、テーマ(テンプレート)を変えることで、簡単にブログやサイトの外観(デザイン・レイアウト)を変更することができます。極端な話ですが、ブログやサイトの外観を、毎日変更することもできるのです。
テーマには、公式ディレクトリ登録テーマとそうでないものがあります。
公式テーマは、管理画面からダウンロードが可能で安全性も保証されているため、初心者の方は公式テーマを使用することをオススメします。

膨大な数のプラグイン

公式ディレクトリに登録されている膨大なプラグインのおかげで、ブログやサイトに様々な機能のカスタマイズを行うことが可能です。
プラグインのほぼ全てが無料(アドオンなど有料なプラグインもありますが)でダウンロードでき、簡単に機能追加ができるのが特徴です。

ユーザー視点の進化

WordPressの開発は、本体だけでなくテーマやプラグイン開発・翻訳など殆ど全てにわたり、WordPressコミュニティの方々のボランティアにより行われています。
つまり、WordPressはユーザー主体開発のプロジェクトであり、開発の方針や機能の改善は、一般ユーザーの参加によって決定されます。このようなユーザー主体の機能改善などは、一般ユーザーの満足度を高める一番の理由となっています。

そんな世界中で広く使われているWordPressですが、その人気ゆえに、裏を返せばハッキングの標的にされやすいというデメリットもあります。「デザインや機能が気に入ったから」と何もチェックせずにテーマやプラグインを使い、ブログやサイトに不具合が生じるといった事例も度々起きているのです。

では、このようなデメリットを受けないようにするための手段はあるのでしょうか?

公式テーマ・プラグイン以外は使用しない

WordPressの管理画面から追加できる、公式ディレクトリに登録されているテーマやプラグインを使用しましょう。 これに気をつけるだけで、ブログやサイトに不具合が生じる問題が起きる可能性を大幅に減らせます。

セキュリティ用のプラグインを導入する

「SiteGuard WP Plugin」のような公式プラグインを導入することで、ログインURLを変更できたり、ログイン時の画像認証の導入などが可能になります。このようなプラグインを使ってセキュリティレベルを向上するように心がけましょう。

以上の2つを意識するだけで、デメリットの大部分を防ぐことができます。

WordPressは世界中で支持され、広く受け入れられているだけあり、適切に使えばとても便利なツールです。導入段階でセキュリティ面を強化し、運用中も情報収集をしてリスク関連情報をチェックするように心がけましょう。

Sydney – 企業・飲食店・自営等の商用サイトに最適WPテーマ

Sydney(シドニー)といっても、高層ビルや英国風のモダンな町並み、海や緑の自然との調和が美しいオーストラリアの都市のこ…続きを読む →

コメントなし

WordPressのテーマ選びで注意すべきいくつかのポイント

WordPressでブログやサイトを始める際、まず最初にテーマ(デザインテンプレート)の選択からスタートします。テーマには…続きを読む →

コメントなし

WordPressが選ばれ続ける理由と導入のポイント

Webサイトの管理と更新性に優れたシステムをCMS(コンテンツ・マネジメント・システムの略)といいますが、その中でも特にW…続きを読む →

コメントなし